蜂の子の健康効果

蜂の子が睡眠を改善するメカニズム

蜂の子に含まれているトリプトファンがセロトニンになる

蜂の子は、タンパク質といった様々な栄養素を豊富に含んでいて、古くから不老長寿の最高薬として親しまれてきました。
そんな蜂の子に含まれているトリプトファンは、不眠を治して睡眠の質を高めるためには欠かせない栄養素です。

トリプトファンとは、必須アミノ酸の一種であり、体内で作り出すことができません。
このトリプトファンを摂取すると、腎臓や肝臓で分解されてエネルギー源になり、脳に運ばれるとマグネシウムやナイアシン、ビタミンB6とともに、睡眠に影響を与える神経伝達物質である「セロトニン」を生成します。

トリプトファンは、単独ではセロトニンを生成することが出来ず、マグネシウムやナイアシン、ビタミンB6と一緒に摂取する必要があります。
蜂の子からは、トリプトファンだけでなく、このマグネシウムやナイアシンも一緒に摂取することができます。

セロトニンが睡眠ホルモン「メラトニン」に変化する

トリプトファンからセロトニンが生成されると、このセロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンに変化します。
メラトニンは脳の松果体と呼ばれる部分から分泌され、覚醒と睡眠を切り替えて眠りを誘う作用があります。
また、体の深部体温を下げたり、副交感神経を優位にしたりする働きによって、体を眠りに適した状態にしてくれるのです。
人は、体温が高いところから低いところに下がったときに眠気を感じるため、良質な睡眠にはこのようなメラトニンの働きが必要不可欠です。

メラトニンは、一般的には夜9時から分泌が始まり、夜11時頃になると分泌が増えて眠気を感じることができます。これはメラトニンの分泌に光が深く関わっているからで、朝起きて光を浴びてから、約14~16時間後にメラトニンの分泌が徐々に高くなると言われています。
しかし、セロトニンやトリプトファンが不足してしまうと、十分にメラトニンが分泌されず、不眠に繋がってしまうのです。

また、メラトニンは加齢によっても分泌量が減ってしまうことが明らかになっています。
メラトニンの分泌は子どもが一番多く、思春期になると分泌量が減っていきます。壮年期の間は減り続け、高齢になるとメラトニンは微量しか分泌されなくなってしまうのです。

このため、人は年をとると朝早く目覚めたり、夜中に何度も目が覚めたりして睡眠時間が減ってしまうのです。
また、加齢による睡眠時間の減少は、体内時計の乱れも原因の一つとして考えられています。

蜂の子サプリで睡眠の質を高めよう

不眠を治して睡眠の質を高めるためには、必須アミノ酸のトリプトファンをしっかり摂取して、メラトニンの材料となるセロトニンの分泌を増やすことが大切です。
トリプトファンの一日の必要摂取量は、体重1kgあたりに2mgです。蜂の子には、100gあたりに0.09mgのトリプトファンが含まれています。

トリプトファンを摂取しない時間が24時間続くと、血中トリプトファン濃度は著しく低下するとも言われています。
このため、トリプトファンは毎日欠かさずに摂取することが望ましいです。
トリプトファンやマグネシウムが豊富に含まれている蜂の子のサプリメントなら、毎日効率よく摂取が続けられるのでおすすめです。
毎日蜂の子のサプリメントを摂取して、良質な睡眠を叶えましょう。

ページのトップへ戻る